莞島紹介

リアス式海岸で干潟と海藻類が森を造成している海

韓国の莞島(ワンド)郡は、265つの大小の島々からなる群島である。リアス式海岸は干潟と海藻類が森を造成しており、海底には麦飯石と硝石が敷かれているので栄養塩類が豊富で韓国で最も多様な約2,200種の海洋生物が生息している。

リアス式海岸

海岸線ごとに干潟(64.8㎢)が形成されており、沿岸海域に海の森(海藻類)が造成されて二酸化炭素を吸収、酸素を排出して海を浄化する作用をする。 沿岸海岸線はゲルマニウムが多量含有されている麦飯石で形成されて韓国の水産産業のメッカと呼ばれ、アワビは全国生産量の81%を占めている。他にもコンブ、ワカメ、カプサアオノリなどの海藻類は60%の生産量を占めている。

莞島国際海藻類博覧会 

恵の自然環境を基盤に「2017大韓民国・莞島国際海藻類博覧会」は『海藻の約束、未来への挑戦!』というテーマで韓国清浄海の首都・莞島で2017. 4. 14. (金) ~ 5. 7. (日) 24日間開催する。
「海藻類テーマ国際博覧会」で国民の健康食品として脚光を浴びているノリ、ワカメ、コンブ、ヒジキなど海藻類の過去と現在、そして未来を一堂に見ることができる機会になると思う。

莞島国際海藻類博覧の会ホームページ

今回の博覧会は、約20ヶ国から海藻類と関連された約150つの企業・団体が参加したビジネス中心の産業博覧会として海藻類の生態的・食品栄養学的の価値、そして未来産業として発展可能性など多様な情報と技術を交流する場になると期待される。 これとともに博覧会を通じて韓国内外の海藻類消費市場を拡大し、新素材及び新薬、バイオエネルギーなど国家の未来成長動力産業として新たな付加価値の創出を模索する場になると思う。

青山島

青山島は全南莞島から19.2km離れた多島海・最南端島で莞島港から海路で50分距離に位置している。 自然景観が非常に美しくて昔から靑山麗水または神仙が遊び歩くほど美しいといって仙山、仙源とも呼ばれた。
青い海、青い山、グドルチャン田(=階段式田)、ドルダムチャン(=石塀)、海女などスローの風景と島固有の伝統文化が調和した青山島は今は韓国を越えて世界にその価値を認められました。  1981年12月23日多島海海上国立公園として指定、2007年12月1日アジア最初にスローシティーと選定されました。

  • 청산도 전경
  • 청산도 전경
범바위전경

青山島を一目で見渡せることができるビューポイントの虎岩(=ポムバウィ)は気が強い場所としても有名である。

新智鳴沙十里・海水浴場

南海岸最高の海水浴場内に最初パイロット・ブルーフラッグ認証

薪智鳴沙十里・海水浴場は海水に含まれているミネラルなど機能性成分が全国で最も豊富な南海岸の最高の海水浴場で非常に美しい所である。

毎年100万人の避暑客が訪れており、長さ3,800m、幅150mに達する広々とした銀色の砂原、傾斜が緩やかで広くて鬱蒼とした松林、駐車場、シャワー場、脱衣室、探訪路などアメニティーがよく備えられているので避暑客の訪問が相次いでいる。特に夏の日差しでよく温められた熱くて柔らかい砂でする砂風呂は高齢者の退行性関節炎と神経痛に、ミネラルが豊富な海水は皮膚病と皮膚老化に卓越な効果があることで有名だ。

また、空気ビタミンと言われる酸素陰イオンが大都市の50倍に達するほど豊富だ。周辺の磯はトミとスズキ、ヒラメなど魚類資源が豊富なので釣り場としても人気が高い。
南海岸の最高の夏季休養地である莞島・鳴沙十里海水浴場が韓国内で唯一に環境にやさしい海辺だけに付与されるパイロットブルーフラッグ認証を獲得した。  パイロットブルーフラッグとは、グローバル非営利団体の環境教育財団(FEE)が海辺とマリーナに国際エコ認証であるブルーフラッグ認証の事前段階であり海辺の水質と安全などを総合的に判断する世界的な基準になった。真砂と清浄な海、美しい周辺景観などが調和した南海岸の最高の夏季休養地として2013年に全国3大優秀海水浴場に選定され、2014年には消防防災庁が主管した水遊びの安全名所として全国最高点数を受けた。

新智鳴沙十里は、莞島邑と新智面を繋ぐ新智大橋が2005年12月14日に開通されて陸地になり、夜に見渡す新智大橋の夜景は自然に嘆声が出るほど美しくて莞島の名物となった。

  • 新智鳴沙十里・海水浴場
  • 新智鳴沙十里・海水浴場

海上王・張保皐

張保皐大使は約1,200年前、こちら莞島に鎮を設置、海上権を掌握して中国や日本との交易路を開設した。彼は『海を制覇する者が世界を制覇する』という信念を持つ政治家であり貿易商、また航海家であり軍事戦略家だった

張保皐大使は新羅・莞島出身で莞島に清海鎮を創設して新羅、唐、日本間の国際海運貿易を経営して海上王の名声を博した。張大使は彼の本院寺院として石島の赤山、莞島の象王峯、済州などに法華院を創建した。

莞島郡は2016年から張保皐の海洋開拓精神と挑戦精神を広く知らせて多大な貢献を残した企業家に「昨今の張保皐大使」に持て成す名誉の賞として『張保皐韓商』を授与している。

2016年の受賞者としては最優秀賞(国会議長賞)にチャ・ボンギュ(中国・浙江省)、優秀賞(産業通商資源部長官賞)にイ・ヨンス(ニュージーランド)、優秀賞(海洋水産部長官賞)にチャン・ヨンシク(日本)などが受賞の栄誉に輝いた。張保皐記念館では彼らの受賞者の広報と展示を特別展として展示する予定だ。

  • 淸海鎭遺跡
  • 淸海鎭遺跡
  • 張保皐記念館

韓国を代表するプロゴルファー崔京周(チェ・ ギョンジュ)。

彼は莞島で生まれて育った莞島人である。

厳しい環境の中でも、あきらめずに努力する誠実さと粘り強さを見て人々は彼をタンクと呼ぶ。莞島人の底力と開拓精神そして暖かい情がある崔京周を莞島の人々は誇らしげに思う。 

17歳にゴルフをはじめて世界のトップ選手と肩を並べている彼は、PGAツアー 通算8回優勝で 東洋人最多優勝を達成するなど韓国の地位を高めた。

世界の慈善団体に100万ドル以上を寄付してCharlie Bartlett Awardを受賞し、彼のゴルフ挑戦は続いている。